• TOP
  • クラブ概要
  • 活動報告
  • 例会
  • 会長の時間
  • 会長の時間(過去)
  • 入会のすすめ
  • リンク
  • お知らせ
  • 詳細ページ

    2019-2020年度方針

    ロータリーの礎は「つながり」です。若い弁護士としてシカゴにやって来たポール・ハリスがロータリーを創設した最大の理由、それは見知らぬ街でほかの人たちと「つながる」ことでした。それから1世 紀以上が経った今、私たちの周りには、ポール・ハリスの時代には想像もできなかったような友情と ネットワークを築くための方法が数多く存在します。それでも、ロータリーにおける「つながり」は独特 であり、ほかに類を見ません。

     国際ロータリーには、地域社会とつながり、職業のネットワークを広げ、強くて末永い関係構築がで きる確固とした使命と構造があります。会員による数多くのプロジェクトやプログラム、ポリオ撲滅活 動におけるロータリーのリーダーシップ、国連との協力などを通じ、私たちはグローバルコミュニティ とつながっています。私たちの奉仕活動は、同じ価値観を共有し、より良い世界のために行動したい と願う人びとの結びつきをもたらします。また、ロータリーがなければ出会うことがなかった人びと、 共通の考えを持った人びと、私たちの支援を必要とする人びととつながり、世界中の地域社会で人生 を変えるような活動を行うことを可能にしています。

     21世紀の新たな10年の始まりに、私たちはロータリーの未来を形作っています。2019-20年度、ロータ リーは新しい戦略計画を実行に移し、規定審議会が採択した革新性に応え、より活性化された重点 分野において活動します。しかし、ロータリーの未来を形作る本当の場所はクラブです。刻々と変化 する現実に対応するために、ロータリーはクラブに注力していかなければなりません。 クラブはロータリーでの経験の中心部ですが、今ではクラブのあり方をより創造的かつ柔軟性をもって決めることができます。これには例会の方法や、何をもって例会とするかを検討することも含まれ ます。会員増強のアプローチにおいては、組織立った戦略的・革新的な方策が必要です。そうすることで、地域社会とのより広く、深いつながりができるだけでなく、より多様な会員に魅力を感じてもらい、積極的な参加を促すことができるでしょう。

    実際のところ、ロータリーは家族です。そうであるにも関わらず、会員組織の構造やリーダーシップの 要求などがあることで、今日の若い職業人にとってはロータリーが手の届きにくい存在となっている ようです。ロータリーは、家族との時間を犠牲にするのではなく、家族との時間を補うような経験を 提供する場である必要があります。クラブが温かく、みんなを受け入れるような雰囲気があれば、家 族と奉仕活動は両立でき、家族志向の若い職業人にロータリー奉仕や市民としての参加の機会を 提供できます。また、ロータリーの役職に対する期待事項を、多忙な職業人にあわせて現実的かつ 管理可能なものとすることで、将来ロータリーのリーダーとなる次世代のロータリアンのスキルを高 め、ネットワークを築くことができるでしょう。

     2019-20年度には、「ロータリーは世界をつなぐ」のテーマの下、ロータリーの奉仕を通じて、有能で 思慮深く、寛大な人びとが手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築いてまいりましょう。

    2019-20年度国際ロータリー会長

    マーク・ダニエル・マローニー

    会 長 方 針

    会長 二井 清治

     

    クラブ創立50周年を終え、心新たに55周年に向かってさらなるクラブの発展を願い、皆さんとともに魅力あるクラブづくりに取り組んでいきたいと思います。

    今年度、マーク・ダニエル・マローニー国際ロータリー会長のテーマは、「ロータリーは世界をつなぐ」です。ロータリーのビジョン声明にも「人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています」と明記されています。このテーマを基に、四宮孝郎第2660地区ガバナーの基本方針と地区ビジョンに沿った我クラブのビジョンと会長方針を提起します。

     

    2019-20年度 クラブスローガン

    ―友情と平和な世界を―

     

    豊中南ロータリークラブ ビジョン

     

    <職業奉仕>

    1.会員の職業倫理の高い水準を保つこと

    ロータリーの綱領に「ロータリアンが営む社会に役立つ事業の根底に“他人に対する思いやりの心、助け合いの心”をしっかり定着させ、力強く育て上げること」と示されています。この倫理に基づく4つのフレーズが四つのテストです。

    ロータリアンの根幹となる理念で結ばれた職業人(Fellow Ship)が、秩序ある社会を構築し、世界平和を推進する核となります。

     

    <クラブ奉仕>

    2.個性と魅力のあるクラブづくり

    例会、家族懇親会を中心として、会員及び会員家族間の親睦を深めます。

    会員の増強目標を55周年時に会員数35名とします。

    クラブの魅力を広く対外に発信する広報活動を実践します。

     

    <社会奉仕・青少年奉仕>

    3.地域社会に根ざした奉仕活動の実践

    地域社会のニーズに従って積極的に活動をします。

    全員参加の奉仕活動を実施します。

     

    <国際奉仕>

    4.姉妹クラブを核にして、国際間の理解・親善・平和を推進する

    大韓民国 梁山ロータリークラブ、中華民国 台北士林ロータリークラブとの交流を深め、国際奉仕活動を実践します。

     

    会長方針

     

    1.会員を増強し、クラブの活性化を図る

      55周年時に会員数35名とするため、今年度は3名の純増を目指す。

     

    2.クラブの魅力を広報する

      我クラブの魅力ある奉仕活動の歴史を改めて会員全員が認識するための資料づくりと、対外的にも発信できる手軽なパンフレットを作成する。

     

    3.地域社会のニーズに合った奉仕活動

      限られた予算内で効果的な奉仕活動を実施する。

     

    4.大韓民国 梁山ロータリークラブ、中華民国 台北士林ロータリークラブとの交流を促進し、国際奉仕活動を実施する。

     

    5.ポリオ撲滅に向けて、ロータリー財団及び米山奨学金への寄付を行う。