• TOP
  • クラブ概要
  • 活動報告
  • 例会
  • 会長の時間
  • 会長の時間(過去)
  • 入会のすすめ
  • リンク
  • お知らせ
  • 詳細ページ

    2020-2021年度方針

    2020-21年度国際ロータリー会長
    ホルガー・クナーク
    ドイツ Herzogtum Lauenburg-Mölln ロータリークラブ所属

     ロータリーとは、クラブに入会するというだけでなく、「無限の機会への招待」であります。奉仕プロジェクトを通じて会員自身や受益者の人生をより豊かにするための道を開くのがロータリーです。奉仕の行いは、その大小にかかわらず、助けを必要とする人たちのために機会を生みだすものであると、私たちは信じています。

     ロータリーはリーダーシップの機会、奉仕のアイデアを実行に移すために世界を旅する機会、そして生涯続く友情の絆を築く機会を与えてくれます。私たちのあらゆる活動が、どこかで誰かのために機械の扉を開いています。

     会員数を増やすために数字にこだわるのではなく、持続可能かつ有機的なかたちで成長できる方法を考えるよう求め、現会員を維持し、クラブにふさわしい新会員を募ることにクラブが注力すべきであります。この機会をとらえてロータリーを成長させ、より強く、適応力を高め、中核的価値観により沿ったロータリーとなるのです。
    新会員を、会員数を増やす人員であるかのように考え、やがて忘れてしまうというのは止める必要があります。どの新会員も、私たちを少しだけ変えてくれます。新しい視野と経験をもたらしてくれます。このような絶え間ない変化を受け入れる必要があります。新会員から学ぶことで、私たちはより強くなります。

     ロータリーの行動計画はクラブの進化を導く羅針盤であります。全クラブが少なくとも年1回、戦略計画会議を開くことを勧めます。この会議で、5年後にどのようなクラブになりたいかを自問し、クラブが会員により多くの価値をもたらす方法を考えるべきです。
    リーダー職にもっと多くの女性が就くこと、クラブの結成と運営にローターアクターが不可欠な役割を果たすこと、ロータリー会員であることの意味を考え直すこと、若い人たちに新クラブの設計者になってもらうことを提唱します。
    新しいアプローチに心を開かなくてはなりません。若い人たちのためにユニークな新クラブをつくることは、解決策の一部にすぎません。自分たちに一番合うロータリーの体験はどのようなものかを、ローターアクターたち自らに決めてもらおうではありませんか。新クラブの設計者は、若い人たちであるべきです。
    時間は私たちのためにスローダウンしてくれません。私たちは急速な変化に負けません。この機会をとらえてロータリーを成長させ、より強く、適応力を高め、中核的価値観により沿ったロータリーとなるのです。

     

    会 長 方 針 

    会長 中谷 裕二

    昭和のクラブ創立から平成そして令和と50余年。激しい環境変化の障壁にも決して歩みを止めない我がクラブは、いま確実な未来に向けた52年目をスタートさせています。この間にさらなる発展の準備と体制は既に存在しており、会員一丸となった魅力が溢れる事業展開に対して情報発信のエンジンが回り、クラブ活性のシフトが伝わりさらに加速して行きます。

    今年度、国際ロータリーのホルガー・クナーク会長のテーマは、「ロータリーは機会の扉を開く」です。ロータリーのビジョン声明にも「私たちは変化を生むために手を取り合って行動する」と明記されています。このテーマを基に、簡 仁一 第2660地区ガバナーは基本方針と地区ビジョンを提起されています。この方針をうけて我クラブのビジョンと会長方針を提起します。

     

    【豊中南ロータリークラブ ビジョン】

    <職業奉仕>

    1.会員の職業倫理の高い水準を保つこと

    ロータリーの綱領に「ロータリアンが営む社会に役立つ事業の根底に“他人に対する思いやりの心、助け合いの心”をしっかり定着させ、力強く育て上げること」と示されています。この倫理に基づく4つのフレーズが四つのテストです。

    ロータリアンの根幹となる理念で結ばれた職業人(Fellow Ship)が、秩序ある社会を構築し、世界平和を推進する核となります。

     

    <クラブ奉仕>

    2.個性と魅力のあるクラブづくり

    例会、家族懇親会を中心として、会員及び会員家族間の親睦を深めます。

    会員の増強目標を55周年時に会員数35名とします。

    クラブの魅力を広く対外に発信する広報活動を実践します。

     

    <社会奉仕・青少年奉仕>

    3.地域社会に根ざした奉仕活動の実践

    地域社会のニーズに従って積極的に活動をします。

    全員参加の奉仕活動を実施します。

     

    <国際奉仕>

    4.姉妹クラブを核にして、国際間の理解・親善・平和を推進する

    大韓民国 梁山ロータリークラブ、中華民国 台北士林ロータリークラブとの交流を深め、国際奉仕活動を実践します。

     

    【2020-2021年度 クラブスローガン】

         -ロータリアンの同じ価値観はよりよい機会をもたらす-

    会長方針

     

    1.会員の増強を意識して気運を高め、クラブの活性化を図る

    創立55周年時に会員数35名とするため年間3名の純増を目指す。

    市内の各公益団体やグループ(特に青年世代)との友好的な関係の再確認とコミュ

    ニケーションの再構築を目指しクラブ認知度を高めて会員増強のきっかけとする。

     

    2.クラブの奉仕活動の魅力を広報発信する

    我がクラブの魅力ある奉仕活動を対外的により大きなインパクトをもたらす様々な情報発信のオプション(HPやSNS)を実行する。またMyRotaryの登録や活用などを含めた基礎を再確認します。さらに事務局と広報が一体となってクラブ運営のIT化を推進してまいります。

     

    3.地域社会のデマンドに対しての奉仕活動

    地域が実際に抱える様々なデマンド(実際の需要)に対して奉仕活動を実施する。

    既存関係団体や新しい方面との意思確認を行う必要があります。

     

    4.大韓民国 梁山ロータリークラブ、中華民国 台北士林ロータリークラブとの姉妹クラブ交流を促進し、国際奉仕として協同事業の活動を実施する。両姉妹クラブと将来ビジョンの策定を視野に入れた交流を推進する。

     

    5.ポリオ撲滅に向けて、ロータリー財団及び米山奨学金への寄付を行う。

     

    6.豊中ロータリークラブとの親睦と交流