• TOP
  • クラブ概要
  • 活動報告
  • 例会
  • 会長の時間
  • 入会のすすめ
  • リンク
  • お知らせ
  • 目次

    7月4日 第2146例会 | 【富士山】5月 9日第2138例会 | 【君が代そして国歌】5月 2日第2137例会 | 【自治会】4月25日第2136例会 | 【台北士林37周年記念式典に参加して】4月18日第2135例会 | 【周恩来総理との握手】4月 4日第2134例会 | 【8RC会長会】3月28日第2133例会 | 【日本の高山・名山・低山―四方山】3月21日第2132例会 | 【識字率向上月間に因んで】3月14日第2131例会 | 【老人の川柳】3月 7日第2130例会 |

    7月4日 第2146例会

     豊中南ロータリークラブ創立45周年の記念すべき年度に会長に就任いたしました第46代会長 水野茂です。

    微力ながら精一杯、会長職を全ういたしますので、1年間メンバー皆様の暖かいご協力を何卒宜しくお願いいたします。

     本日は待ちに待った新入会員、佐々木 俊明さんをお迎えしての本年度第一回目の例会となります。

     さて、7月1日、本年度初の事業となる“社会を明るくする運動”に参加してまいりました。

    天羽社会奉仕委員長をはじめとして、森本幹事、北村会員、岡本会員、西口会員、三木(直)会員、そして私と合計7名で参加し、「ふれあいと対話が築く明るい社会」がキャッチフレーズのティシュペーパーを豊中駅前で配布してまいりました。

    ティシュ配りにもメンバーの個性が感じられ、天羽委員長は「豊中市役所・豊中南RCの社会を明るくする運動です。」と活動団体名をお伝えしての配布活動を実施。西口委員長は2枚重ねてどちらから見ても“活動趣旨がわかるように”と2倍のスピードで配布。森本幹事はご自宅近くの北口でコネクションを生かし役割の2倍をご近所の奥様に配布、北村会員は、走っている自転車のカゴに投入する新手の配布、三木(直)会員は強面の風体を活用して、市民の方々が受け取りを拒否できない配布、岡本会員は実直な性格から活動予定時間が終了しても最後の1枚まで残さず配布いただきました。

    決して大きな活動とは言えませんが、豊中市の職員さんや他団体の方々とも共同作業が出来、また短い時間ではありましたが、市民の方々とも対話も出来、何より社会を明るくする運動の啓蒙活動に参加することでロータリアン自身の社会を明るくする意識が高揚したのではないかと自負する事業であったことを皆様にご報告させていただきます。

     本年度45周年の年、記念事業をはじめとする数々の対外、対内事業が展開されます。

    参加すれば必ず何かを得ることができますので、例会はもとより各種事業に出来る限り参加をお願いして、会長の時間とさせていただきます。

     

     

    【富士山】5月 9日第2138例会

    皆さん、こんにちは!

     富士山がユネスコの世界遺産に登録されることとなりました。富士山は、20年近く前より世界遺産(自然遺産)登録を目指してきましたがゴミ問題の影響もあって「落選」しましたが、その後、ならば「富士山と信仰・芸術の関連遺産群」に切り替え、「文化遺産」登録を目指し今回、めでたく「登録勧告」を受け、

    6月16日プノンペンで開催される世界遺産委員会で最終的に決まることとなりました。

     日本の「世界遺産」登録数は、これで17件となります。

    (お手元の手作りの資料ご参照)

    17件の内訳は、文化遺産が14件、自然遺産が4件と、日本は文化遺産が圧倒的に多いことがわかります。人が自然を汚し(富士山の如く)、また人が文化を守るという日本の特徴が、自然・文化遺産の登録比率に表わされているように思われてなりません。

     さて、世界遺産は世界でいくつあると思われますか。やや古い統計ですが、

    2012年7月時点で、総数962件です。毎年、20-30件ほど追加されていますので、現時点では凡そ1000件とみられます。

    登録数の多い国は、順に①イタリア(7件)、②スペイン(44)、③中国(43)、④フランス(38)、⑤ドイツ(37)、⑥メキシコ(31)、⑦インド(29)、⑧イギリス(28)、⑨ロシア  (25)、⑩アメリカ(21)、⑪オーストラリア・ブラジル(19)、⑬ギリシャ(17)、⑭日本・カナダ(16)となっています。

     ユネスコのヨーロッパへの偏重に意見も出ており、またアメリカは、ユネスコの干渉を嫌って一時申請辞退もあり、地域・国へのユネスコの配慮が求められていると聞いております。

     山の好きな私は、富士山の世界遺産登録に因んで、日本各地にある、「XX富士」などと富士山によく似たお国自慢の山を調べてみました。全国には2-  300座あるといわれていますが、私がみた、これぞ「xx富士」をご紹介いたします。

    :北から順に:

    .利尻山(利尻富士) 1721m  2.羊蹄山(エゾ富士) 1898m

    .岩木山(津軽富士) 1625m  4.三上山(近江富士)  432m

    .大山 (伯耆富士) 1729m  6.可也山(筑紫富士)  365m

    .開聞岳(薩摩富士)  924m  8.西山 (八丈富士)  854m

    これで会長の時間を終わります。ご清聴有り難うございました。

     

     

    【君が代そして国歌】5月 2日第2137例会

     皆さん、こんにちは!

     春の叙勲で中野さんが旭日大綬章を受章されました。おめでとうございます。同じロータリアンとして誇りに思います。また、中野さんは私の中学・高校の2年先輩でもあることから喜びは一入であります。

     今年4月より、町会長になったことから、小学校の入学式に来賓として招待を受け、行って参りました。今年の入学者は、これまでの減少傾向に歯止めがかかり、増勢に転じたと校長先生は喜んでおられました。それでも一学年で2クラスが精々で、以前のような4-5クラス体制は望むべくもない状態となっています。

    入学式は、学校の体育館・講堂で行われ、壇上は「入学おめでとう」の表示のみで、参加者全員が壇の下の床に椅子席でブロックに分かれて配置されていました。正面に新6年生(50人程)、その向かいにピカピカの一年生(54人)、正面に向かって右側に先生(15名程)、左側に来賓(20名程)、新入生を左右に挟んで保護者(30人×2)という椅子席でした。

    君が代・国歌斉唱で、その配置ブロックに私は際立った温度差を感じました。君が代の声が一番出ていたのは、来賓席で、次いで大きかったのは先生方、新1年生が歌えないのは解りますが、 

    保護者席はごく少数が口ずさむ程度、迎える新6年生はそのほとんどが歌えておりませんでした。

    ところが、そのあと“校歌斉唱”では、一番声が大きかったのは新6年生、次いで先生方、そして来賓、保護者はチラホラと順序が逆転、対照的な歌声の大きさ比べとなりました。

    どうも学校では校歌は教えるが君が代をあまり教えていないことに原因があるようです。

    昔、学校の式典で、国歌斉唱で起立しない先生がおられ問題となったことがありました。この小学校でもそれがあり、歴代の校長先生が悩んでおられました。しかし、今回の式典ではそんなことがありませんでした。あとで校長先生に聞いた話ですが、先代の校長先生が、式典の進行を変えることにより、解決できたということでした。すなわち、以前は、“これより国歌斉唱、全員起立”と号令しても起たぬ先生がおられたのですが、これを、“これより入学式を行います。全員起立”で全員を起たせ、その後、間髪入れず“国歌斉唱”と呼びかけたら、すわる先生がいなくなった(一人だけ座りにくく感じさせた?)とのことでした。 

    心理作戦が奏功したようですが、なんだか形だけを整えたように私には感じられました。

     いずれにしましても、「君が代」は先ほど全員で唱和しましたごとく、祖国を想う厳粛な気持ちになれる素晴らしい歌と私はいつも思っております。

     お手元の「東アジアの国歌」のメモをご覧ください。これは、日本および東アジア近隣国の国歌を纏めてみたものです。中華人民共和国、中華民国には原語の歌詞と私なりの日本語訳をつけておきました。ご参考になれば幸いです。

     これで会長の時間をおわります。ご清聴ありがとうございました。

     

     

    【自治会】4月25日第2136例会

     皆さん、こんにちは!

     先週木曜の夜、情報集会があり、10名が参加されました。情報集会は会員相互の交流を深め、ロータリーを学びあう機会でもあります。2012-13年度は4回開催され、夫々意義ある会合となりました。来年度も同じく予定されますので、これへの積極的出席をお願い申しあげます。

     先週土曜日、8RC第一組のIMがあり、当クラブよりは13名が参加頂きました。テーマは「新世代を育てる」で、米山奨学生へのカウンセラーから見た役割と感想がパネルディスカッション形式で紹介を受けました。また、金美齢女史

    の新世代を育てる親がしっかりせねばなどの、辛口・歯切れのいいお話は大変面白かったと思います。

     台北士林と交わした姉妹クラブ締結更新協定書の日本語が一部間違っていましたので、士林に通知し訂正することにしました。訂正済みの協定書を改めて回覧させて頂きます。

     さて、本日の「会長の時間」のテーマは、自治会です:

     この四月より、私は地元の自治会(俗には町会と言ってます)の会長を引き受けることになりました。町会長になるのは、私は時間と条件が適わないとて、逃げ回っておりましたが、とうとう捕まった次第です。任期は2年、再任妨げずと規約されており、厄介なことになったと早くも反省しております。

     現在、豊中市には自治会(町内会)は全部で506団体があります。自治会加入世帯数は約8万世帯となっています。1自治会の平均加入世帯数は158世帯です。しかし自治会加入率(市の全世帯数に占める自治会加入世帯数の割合)は、5割を切って現在は約47%となっております。

    自治会はあくまで任意団体ではありますが、市では、市役所のコミュニティ政策室がバックアップしてくれています。自治会の分布は、基本的には豊中にある41の小学校区に分けられています。私の属する自治会は、高川校区連合町会(8町会あり)の構成メンバーで、豊南町東第二町会といいます。地理的には豊中市の東南の端に位置し(昔の小曾根村字渡場)、加入世帯数は200世帯で、豊中の自治会平均より少し大き目の自治会です。

    行事・活動は目白押しです。たとえば(4月:町会花見、5月:連合町会ハイク、6月:高川祭り、7月:親子プール、盆踊り「テント張っての屋台を出す」、8月:日赤献血運動、地元地蔵盆への協力、9月:校区敬老の集い協力、10月:校区体育祭への参加、11月:公民館主催の社会見学に参加、12月:防犯陣中見舞い、1月:校区賀詞交歓会、消火器点検、2月社協協賛会員募集、3月:地震防災訓練「校区福祉委員会主催」)等です。これらへの陣頭指揮を会長がすることになり、かなりの時間と労力がとられますが、ここはロータリーで学んだ「超我の奉仕」で頑張らざるを得ないと思っています。

    町会長となったついでに、外国ではどのような自治会的なものがあるのかを調べてみました。

    松本市の三沢氏のアンケート調査によれば、「世界の町内会」は3つのタイプがあるとしています。

    .町内会に類似した組織が行政機関の一部として全国的に存在する国:

    中国、台湾、インドネシア、フィリピン、日本、韓国

    (日本は任意団体ですが、行政的要素が強いことからここに分類)

    .町内会は存在しないが、地域の親睦会や自助グループ的なものがある国:

    インド、ラオス、レバノン、ケニアなど

    .アパート、集合分譲住宅などで自主的な団体が形成される国:

    アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、デンマーク、フランス、フィンランドなど欧米先進国

      韓国は日本より更に行政に近い組織のようで、「班常会(バンサンヘ)」と云うのがあります。詳しくはお配りしたコピーをご参照ください。

     今日は少し時間をとりましたが、これで会長の時間とさせていただきます。有難うございました。

     

     

    【台北士林37周年記念式典に参加して】4月18日第2135例会

     皆さん、こんにちは!

     先週、台北士林RC37周年記念式典に参加のため、台湾へ行って参りました。今回は当クラブよりは、総勢12名(水野エレクト、増山副会長、秦幹事、吉田・西野・ニ井・長谷川・西口の各PP、三木SAA&ご夫人、多田会員)もの参加を頂き、お疲れ様でした、そして有難うございました。西野国際奉仕委員長には、ツアーリーダー宜しく周到なるご準備と木目の細かいアテンド頂き、感謝申し上げます。

     今回の訪問を通じて、台北士林・韓国梁山RCとの国際友情が再確認でき、そして絆が更に太くなったように感じました。会長の時間を利用しまして、私が訪台で知り得た情報や感想を少しお話しさせていただきます。

     台北士林RCは我々豊中南RCより歴史は浅いのですが、陣容は現在88名で、非常にパワフルなクラブと感じられます。式典には会員夫人が沢山参加され、夫婦揃ってロータリーライフ、さらには人生を大いにエンジョイされているように見受けられました。また、士林RCの多くの方が程度の差こそあれ、日本語を話されることもあり、我々への親近感が半端なものではないことが確認できました。

    士林RCの海外姉妹クラブは、豊中南・韓国梁山以外に、日本では神奈川県の寒川RC、フィリピンのカルカンRCと合計4RCと提携しています。さらに日本の北上西RCとは1995年に友好クラブを締結しています。今回、我々は式典で、士林RCとの姉妹クラブ締結更新を行いました。

    式典の前に5つの姉妹クラブの協議会が開かれ、そこで、士林RCより、FVPグローバル資金プロジェクト(台湾花蓮県での結核予防計画)が紹介され、地区を含めて姉妹クラブへの応分の協力が依頼されました。来年の士林RC38周年式典(来年4月17日チャーターナイト)の後、対象地域である花蓮県への視察も計画しているとのことです。

    我々のもう一つの国際姉妹クラブである韓国梁山RCは今年に入り12名もの会員が増え、89名もの陣容を誇っています。今回は11名が参加し(昨年は22名)、夫人の参加が多く内助の功が目立つクラブのようで、士林RC同様、大きなパワーを感じるクラブです。前夜祭や式典二部での夫人も参加してのパフォーマンスには圧倒されました。

     梁山RCよりは姉妹クラブ協議会で、二つの提案が出されました。一つは、今年秋、梁山RCは創立45周年を迎え、10月27()に周年式典を予定しており、海外姉妹クラブにこれへの参加が要請されました。また、梁山RCはWCS多文化家族支援計画($20000)を打ち出し、姉妹クラブへの応分の協力が求められました。10月訪韓時には現地への訪問も予定しているとのことです。

     以上、会長の時間を利用しまして、出張報告とさせていただきます。ご清聴ありがとうございました。

     

     

    【周恩来総理との握手】4月 4日第2134例会

    皆さん、こんにちは!

     昨年秋、日中両国は、尖閣領有を巡って、忌々しき事態となり、半年を経た今も関係修復の道すら見いだせない状態が続いています。あの問題が起こらなければ、昨年秋は、国交正常化40年の節目を迎え、両国は盛大にこれを祝っていたはずで、長年、日中経済交流に携わって来た私には残念の極みであります。

     日中の国交正常化は、1972年9月、北京で時の田中首相と周恩来総理との間で調印されました。今日のお話は、その年の8月、北京で私が体験したエピソードです。

     1972年の夏、私は社の代表として北京に駐在しておりました。当時の日中貿易は、民間取引(友好貿易)と準政府間取引(LT貿易)が並行して行われていました。8月半ば、日本よりLT貿易の交渉団が北京に派遣されました。私は、交渉団の一員として機械輸出交渉に現地参加しました。日中間の友好貿易もLT貿易も、商談交渉は極めて厳しいものでしたが、中国側の遠来の客へのもてなしは礼を尽くしたものでした。

    ある日、我々交渉団が中国側の招待で中国の京劇公演に行った時のことです。劇の幕間に我々が貴賓室で休憩していましたら、突然、貴賓室のドアーが開き、何と当時の首相、周恩来総理が姿を見せられ、我々を接見されることになりました。そんなことがあるとは事前に何も知らされていなかった我々に、驚きと緊張が走りました。

    周総理は我々団員一人一人に眼を合わせつつ握手された。私は緊張しつつも、折角の接見、ただ握手するだけではと思い、中国語で“能,感到非常光とか何とか言い、何か応えてもらえるかと期待していたところ、周総理はナント“コンバンワ”と日本語で応ぜられ、感激しました。総理の手のひらが大変軟らかくて分厚かったことがとても印象的でした。

     観劇より宿舎のホテルに戻り、先ほど周総理と握手したよとフロントに言いましたら、驚いたことに傍にいたホテルマンが我先にと私に握手を求めるではありませんか。周総理と握手した私の手に触れることにより、間接的ながら周総理と握手したことになるとの、彼らの想いがそうさせた訳です。思いますに、当時の一般市民はなお激しい文化大革命で相当厳しい環境に置かれ、民衆の周総理への敬愛と救いへの期待が如何に強かったかを思い知らされた次第です。

     あれから40年を経た今、日中両国の心の平和的つながりが正常化することを祈りまして、会長の時間とさせていただきます。ご清聴、有難うございました。

     

     

    【8RC会長会】3月28日第2133例会

    皆さん、こんばんは!

     先日、2660地区第一組(8RC)の会長会がありました。この会長会は、前年度の第一組担当の二井ガバナー補佐が創められたもので、今年度も豊島ガバナー補佐が引き続き呼びかけられ、年に二度行われております。

     今回は、先週の土曜日の晩に、柴藤でありました。今回は前回と異なり、8RCの会長だけでなく、次年度のガバナー補佐(池田くれはRCの正岡さん)と8RCの会長エレクトも参加しての現新交えての合同会長会となりました。

     今回は親睦交流を目指すもので、議題を決めての討議などはなく、夫々が自己紹介を兼ねての話があり、後は近くの方々との雑談に終わりましたが、私が知り得た情報を少しですがお話したいと思います。

     来年度の周年記念を迎えるのは、我々以外に、池田くれはRCが来年5月GWの前に30周年記念を迎えると云うことです。

     今年の8RCの会長は何れも高齢(最高は83歳)ですが、次年度の会長は何れも若い方が多く、最年少は昭和39年生まれの何と40代です。

    水野さんは、自分が一番若いと思っておられた様で、びっくりされておられました。昭和33年生まれの新会長も2人おられ、次年度の8RC会長

    会は大幅な若返りとなります。

     大阪国際空港RCは長らく会員数20名を切っていたのが、ここにきて23名と増員となったとの紹介がありました。

     豊中RCの関谷会長の挨拶の中で、豊中南RCとの二度行われた合同例会が良かったので、次年度も是非、継続したいとのお話がありました。

     今日は、久しぶりの親睦例会です。会長の時間は短くせよとの指示もありましたので、これで終わります。この後は、大いに交流を進め、友情を深め、楽しんで頂ければと存じます。

     

     

    【日本の高山・名山・低山―四方山】3月21日第2132例会

    みなさん、こんにちは!

     私の趣味の一つに登山(山登り)があります。

    昨年度、卓話でキリマンジャロのお話をしましたが、今日は、日本の高山(高い山)、名山(名高い・素晴らしい山)、低山(日本一の低い山)につき、四方山話としてご紹介したいと思います。

    日本の高山

    高山を何メートル以上とするかは決まりはありませんが、もし2000m以上を高山とするならば、日本の山では224座あります。さらに3000m以上の山となると、わずか21座となります。

    お手元の資料をご覧ください。これは、日本の山岳標高ランキングTOP50です。皆様もご存知の山の名前が多く見て取れると思います。因みに番号に丸を打ったのが、私が登ったことのある山です(△印は途中で引き返し)。まだ20座ほど残っていますが、足腰と気力が衰えぬうちに極めたいと思っています。

    日本の名山

     最近、よく耳にしますのが、日本百名山というのがあります。その代表的なのは、文学者・登山家である深田久弥の著した「日本百名山」です。

    最高峰の富士山から海抜わずか877mの筑波山まで、彼が実際に登った山の中から、山の品格・歴史・個性の3点から選んだものです。

    なぜこの百座を名山に選んだかには私には少し解せぬ点が残りますが、それよりも彼の素晴らしさは、その文章表現にあると思います。彼は選んだ山の特徴をあらゆる角度から常にプラス思考で捉え、それを格調高い日本語で見事に描写しています。さればこそ、深田の選んだ百座の山は、日本百名山のご本尊・素晴らしいとの評価につながり、今なお、その百名山を目指しての登山ブームが続いています。

    日本一低い山

     日本一低い山は、どこにあるかと思いますか。大阪港区の築港にある「天保山」です。先日、私はそれを検証するためにも登ってきました。標高4.53mで、山頂(凡そ山らしくありませんが)には二等三角点がありました。

     幕末の天保年代(1831年)に、大坂の町と大阪湾を結ぶ安治川で、洪水防止と大坂への大型船が運航できるようにと、大規模な浚渫工事が行われました。浚えられた土砂を安治川河口に積み上げられ高さは20m程の築山ができました。その後、黒船の侵攻を防ぐための砲台が築かれ、山が削られ、高さは7.2mとなりました。

    戦後は工業化で、平成5年には今の4.53mまで地盤沈下し、国土地理院の地形図から「天保山」の山名が抹消されましたが、同8年、地元の熱き要望で地形図に天保山の記載が復活し、名実ともに日本一低い山となりました。

     天保山には、地元有志による天保山山岳会なるものがあります。山岳会では山岳救助隊も結成されていますが、これまで救難要請は一度もないとのことです。

     今日は、日本の山のお話をさせて頂きましたが、我われ豊中南RCを山に例えるなら、高い山でも低い山でもありませんが、その品格・歴史・個性から日本の名山になることを夢見まして、会長の時間とさせて頂きます。ご清聴ありがとうございました。

     

     

    【識字率向上月間に因んで】3月14日第2131例会

    みなさん、こんにちは!

     今月は、識字率向上月間となっています。我々日本人にとっては、識字というのは、あまりピンときませんが、RIとしては、世界的な視野で、この問題を捉え、その向上に努めることが世界の平和に通じるとしていると私は認識しております。

     識字率とは、文字の読み書きができる人の割合をさすもので、ユネスコでは、「15才以上人口に対する日常生活の簡単な内容についての読み書きができる人口の割合」と解説しています。

    日本の識字率は、フリー百科事典のサイトによれば、99.8%(男性99.9%、女性99.7%)です。なぜ0.2%の非識字率となっているかはよく判りませんが、サイトでは、知的障がい者、難読症の方々などが含まれるのではないかとコメントしています。

     お手元の資料をご覧ください。これは、世界の国々の識字率を色分けし表示したものです。世界183ケ国の中で、識字率90%以上の国は

    104ヶ国あり、全体の約6割を占めています。しかし、一方、識字率が7割にも満たない国がなお33か国もあり、しかも50%以下の国がなお

    12か国も存在するという厳しい現状を示しています。 

    識字率の高低が、文化・経済力の高低、さらには先進・発展途上国と重なっていることが見て取れます。また、昨今の世界の紛争地域が、地図で示された識字率70%以下の地域と重なっているのも気になるところです。

     さて、日本にとって、識字率の向上は、最早さして必要とは思われませんが、私は、それに関連して、母語たる日本語そのものの理解力、表現力の向上が必要だと思えてなりません。特に、義務教育の対象者である子供たちが、自分の思うことを正しく人に言い・書き伝える力を更に身につけること、そして、他人の言葉・文章を正しく理解する力を更に身につけることが、いまこそ必要ではないかと思います。

     昨今、想定を超えるような社会的事件・事案が多発していますが、元を辿れば、いま述べました日本語の理解力・表現力の不足に起因するように思えてなりません。昨年12月の地区大会での分科会で、京都大学の霊長類研究所の正高教授が、「人間にとって障害とは何か」の講演で、読み書き障害の話をされました。小学校の国語教育の中で、漢字の単語のみを教え、語彙を教えないことや、漢字の筆順などさして必要でもないことを教えていることの間違いを指摘され、子供たちに対し、正しい国語教育法を草の根的に広めていくことを熱っぽく訴えられていました。

     我々日本人、一人一人がコミュニケーションの力を強化することによって、家庭の平和、社会の平和、そして世界平和につながることを願いまして、会長の時間とさせていただきます。ご清聴有難うございました。

     

     

    【老人の川柳】3月 7日第2130例会

     みなさん、こんにちは!

     先日、私の現役時代何かとかわいがって頂いた学校の先輩から、手紙を頂きました。彼が友人より送られた「老人の川柳」が妙に面白かったのでと、わざわざ書き写して紹介してくれました。読んでみまして、これは面白い、妙を得ているところが多いと感じましたので、会長の時間を利用しまして、皆様に受け売りさせて頂くことにしました。

    老人の川柳 (詠み人知らず)

    誕生日 ローソク吹いて 立ちくらみ    飲み代が 酒から薬に 変わる年

    若作り 席をゆずられ 無駄を知り     入場料 顔見て即座に 割り引かれ

    お若いと 言われて帽子 脱ぎそびれ    深刻は 情報漏れより 尿の漏れ

    自己紹介 趣味と病気を ひとつずつ    景色より トイレが気になる 観光地

    アイドルの 還暦を見て 老いを知る    起きたけど 寝るまで特に 用もなし

    つまずいて 何もない道 振り返り     日帰りで 行ってみたいな 天国へ

    少ないが 満額はらう 床屋代       出来ました 老人会の 青年部

    老いの恋 惚れる惚けるも 同じ文字    クラス会 食後は薬の 説明会

    名が出ない あれ、これ、それで 用をたす 目薬を 差すのに何故か 口を開け

    「こないだ」と 50年前の 話する       目には蚊を 耳には蝉を 飼っている

    目覚ましの ベルは未だかと 起きて待つ  延命は 不要と書いて 医者通い

    以上が、先輩より紹介された川柳ですが、老人に絡む他の川柳はと探しましたところ、毎月戴く「ロータリーの友」の中に“ロータリー柳壇”というのがあります。すでに読まれたことと思いますが、私は、その中より老人に関する川柳をいくつかピックアップしてみました。改めてご披露させて頂きます。

    ロータリー柳壇 (ロータリーの友)

    利益より 暇を求める 年となり     躓いた 友を笑えぬ 位置にいる

    肩書を 気にせぬ 喜寿のクラス会    老い二人 この部屋使い 趣味に生き

    酒二合 男の背中 丸くなり        傘寿過ぎ 枯れたゴルフと いたわられ

    大好きで 少し嫌いな 誕生日       百までは ボケないと書く ボケ日記

    年重ね 重みの皴の 鮮やかさ      焼香の 順が話題の 帰り道

    アナログの 私もついに スマホです   全身を くまなく調べ 加齢です

    古希祝い 卒寿の母が 金一封      いつの間にか 座ってしまう 優先席

    墓の人 花より瓶が 好きだった     若作り すました顔で 買い忘れ

    一年は 早いと母が いま妻が     医者代が 安い齢には なったけど

    携帯に 猫に小判の 高機能       やがて陽は 沈むのんびり しておれぬ

    挫折した 人だとわかる 掌の温み    年齢を 言わぬ友達 ロータリー

    本日は月初で各種お祝いなど時間がいつもよりかかりますので、会長の時間はこれにて終わります。ご清聴ありがとうございます。

     

     

     

    PAGE